生活・暮らし-お仕事します 3ヶ月前(2020-12-14 14:28:21)

水道のトラブル修理屋さん

投稿者:ちほ (千葉県)
千葉市を中心とする千葉県でトイレつまりや水漏れトイレ修理などの水道総合メンテナンスを専門としている会社です。トイレの水漏れや蛇口の修理・トイレつまり、下水つまりや台所・風呂・洗面所などの排水溝つまりに千葉県の担当スタッフがおよそ1時間前後で駆けつけます。風呂場やキッチンのリフォームから井戸ポンプや電気温水器などの保守点検も賜ります。分譲マンション・病院・各種店舗など水廻りの事なら幅広く対応しています。散水栓(水栓柱)の新設、温水便座(ウォシュレット)の交換取り付けなど何でもお気軽にご相談下さい。当社では、有資格者による漏水調査も行っております。漏水はほとんどの場合気づく事はありません、漏水状態が続くと水が出にくくなったり、漏水部分から土などが入り込み、水を汚染したりしてしまいます。
https://kakumei-kick.com/chicicle/matuto.html
水漏れ事故の責任は誰が取るべきなのか?
水漏れトラブルが発生した場合には、気になるのが「責任の所在」ではないでしょうか?水漏れした箇所によっては、下に住まわれている方ら自宅の家具や建物などに何らかの被害が生じてしまえば、当然、加害者が被害者に損害賠償しなければなりません。被害の規模によっては高額の損害賠償金が発生するので責任の所在が誰にあるのか理解しておきましょう。まず、建築工事に問題があったことで起きた水漏れは、分譲業者や施工会社に責任が生じます。配管の接続不良や部品の間違いなど、建築時に何らかのミスがあったケースが該当します。人為的な原因で起きた水漏れ事故なら、それを起こしてしまった人が責任を取らなければなりません。分譲マンションであれば部屋の所有者、賃貸マンションなら賃借人が責任を負うのが一般的です。設備や建物の老朽化などが原因であれば、欠陥のあった箇所を所有している人が損害賠償をする義務があります。例えば、専有部分で起きた水漏れであれば、その部屋を所有する方。共用部分であれば建物を管理している側に責任が生じてきます。すなわち、管理組合はマンションの部屋の所有者がほぼ全員加入していますので実質的には所有者全員で一緒に責任を負うことになってきます。

この記事の関連記事

キーワード:「水の漏れ」「水道」