その他-売ります 6ヶ月前(2020-03-11 15:47:04)

高級ダッチワイフ通販

145000 受渡し方法:宅配
投稿者:ヤマモト (福島県)
セックス人形と一緒に暮らす体験人形

小規模な調査によると、日本は実物に近い、精巧に製造された人形(リアルラブドール販売)のレベルが高い国です。中国は最も多くのリアルラブドールを生産および輸出している国であり、米国はラブドールと一緒に暮らす人々が最も多い国です。多くの人々にとって、身体の人形は奇妙な空想を満たす玩具に過ぎませんが、ダッチワイフは人生で最も重要で最も重要な仲間です。これはすべて、孤独な生活に同行する必要がある人々を満足させることができます。
https://www.rabudoll.com
一部の家族は、高級ダッチワイフ通販を家族の一員として使用し、着方を変えたり、化粧をしたり、髪型を変えたりします。男性のインフレータブルドールコレクターの中には、インフレータブルドールが女性の欠点や気性をすべて備えておらず、嘘をついたり、ごまかしたり、責めたり、口論しないことを信じている人もいます。アメリカの写真家マックスソンは、この特別な趣味の背後にある理由を理解しようとして、これらの人形の多くの所有者にインタビューし、写真を撮りました。彼女は、これらの人々が彼らのラブドールを保護したいという強い欲求を持っていることを発見しました赤ちゃんのように大切にします。
https://www.rabudoll.com/sexdoll-07001-real158cm-love-big.html
米国の伝統的なインフレータブル人形のユーザーは、ほとんど孤独な独身男性であり、最新ラブドールと一緒に暮らすことには独自の理由があります。 1年以上の努力の末、マックスソンはインフレータブルドールを所有している人々の同意を得て、インフレータブルドールと一緒に暮らしている写真と、インフレータブルドールを所有する理由を撮影しました。
https://www.rabudoll.com/love-doll-new-goods.html
男にはガールフレンドと2人の大人の娘がいますが、彼はまた人形を所有しています。 Cahahnは20年以上前に離婚し、後に女性と付き合った。年、しかし心の女性を見つけたことがありません。彼は1998年にラブドールを購入し、それ以来生き続けてきました。男性は、妻が癌で亡くなった後、女性とデートを試みましたが、彼の好きな女性は自分が好きではないことがわかりました。その後、彼は妻としてダッチワイフを設計し、命名し、彼と一緒にいました。すべての男性と女性がRZR DOLLを購入するわけではないことを伝えますが、アンジェラは今年初めにインフレータブルドールを購入し、彼女の希望に合わせてインフレータブルドールを着せました。
https://www.rabudoll.com/rzrdoll-brand-love-doll.html
人々の想像とは異なり、ラブドール エロと一緒に暮らす人々は、一般の人々と同じように人生に満足しています。うつ病やその他の精神疾患の発生率は高くありません。性的対象は、人生の他の側面に影響を与えない限り、普通の人々とは異なりますが、医療専門家はそれを病的状態とは見なしません。
https://www.rabudoll.com/love-doll-image-album.html
最後に、誰もが同行する必要があることを皆に伝えますが、赤ん坊の友人は必要な感情を解放するために独自の方法を選択します。これは人々の心と体に悪いことではありません。

この記事の関連記事

キーワード:「ラブドール」「ダッチワイフ」「リアルドール」