健康・介護-探しています 13日前(2019-09-05 15:45:54)

赤ちゃんの口腔潰瘍

投稿者:toolsalejp (群馬県)
子供の口腔潰瘍と大人の潰瘍は天上と地下の違いです。子供の口腔潰瘍は口腔粘膜ウイルス(HSV)感染による病気で、再発しやすいです。HSV感染は口腔粘膜に発生する病気をヘルペス性口炎といい、6歳以下の幼児、特に6ヶ月から2歳までが多いです。ウィルスの感染を受けた後に、赤ちゃんは痛みのためいらいらして、泣いて騒いで、拒食して、よだれが出ます。時間が長くなると、赤ちゃんの健康に影響します。
https://www.shikasale.com/category-107-b0-%E6%A0%B9%E7%AE%A1%E9%95%B7%E6%B8%AC%E5%AE%9A%E5%99%A8.html

赤ちゃんの口腔潰瘍はどうやって処理しますか?
一、口の中をきれいにしてください。
子供の口の中を手や汚れたタオルで拭くのを避けるために、口のケアをしてください。病気の原因が確定しない時、親は自分で消炎薬を使わないでください。家の中には刺激がなく、副作用がない外用口腔ケア製品を常備できます。いつでも緊急に赤ちゃんの苦痛を緩和できます。もし小児口腔潰瘍がひどいなら、適時に正規の病院に行って治療を受けなければなりません。

二、食事の調整
口腔潰瘍の時、多く新鮮な果物と野菜を食べるべきで、このように胃腸を調節することができて、傷口の癒合を促進します。また、牛乳、動物の肝臓、ニンジン、白菜など、多く食べられます。赤ちゃんに酸っぱいもの、辛いもの、しょっぱいものを食べないでください。収穫したばかりの小麦、トウモロコシ、サツマイモなどの穀物を食べないでください。赤ちゃんの潰瘍のところがもっと痛いです。赤ちゃんに流動食を食べて、痛みを軽減して、潰瘍のところの癒合にも役立ちます。

三、注意力を移す
子供が潰瘍に注意を向けていると、痛みが大きくなり、無意識に潰瘍の表面に手を触れたり、潰瘍のところに再感染したりします。多く赤ちゃんに関心を持って、多く赤ちゃんとtalk feelして、彼の注意力を移動して、赤ちゃんに1つの楽で楽しい生活環境を創造します。

四、予防措置
赤ちゃんの口腔の問題に対処して、保護者は特に注意して、最も良い方法は予防措置を実施することです。根管長測定器口腔の衛生を維持し、子供に歯磨き、うがいなどを堅持するよう教育します。飲食の方面で揚げ物を少なく食べて、粘膜の損傷を免れます。など。
食べることは食べることだ。」子供の頃、私達はいつもこのように母に「教訓」されました。今は成長しました。母も年を取っていますが、歯は食べる以外に、他の機能があると知っていますか?https://www.shikasale.com/