住宅・家作り-お仕事します 9年前(2011-10-01 14:04:30)

真の風水~MASATOKI考案(住まいを美術マルチする)~

認証投稿者:山地 真斗紀 (MASATOKI) (香川県)
≪MASATOKI考案八起堂オフィス≫

【下記に実際の六壬鑑定映像を載せています】

【Twiiter】URL:http://twitter.com/masatoki_yamaji
MASATOKIのつぶやきや写真など毎日更新しています。
Twitterアカウント名:【@masatoki_yamaji】
※気軽にフォローして頂けると嬉しいです。

【YouTube】URL:http://www.youtube.com/user/masatokirikujinn
地域情報をはじめ、外出先での鑑定様子や八起堂のプロモーションビデオ、
四国霊場八十八番札所などの紹介を随時配信しております!

私が考える風水の家とは、我々の祖先が古来より伝承して来た感性の中に凝縮していると考えます。
しかし、現代における日本の建築文化は我が国だけで育まれた訳ではありません。古来より遣隋使や遣唐使等の使節団を派遣し、隣国との文化交流の中で様々な技術を吸収。そして、自国にあった風土やその時々の時代の流行により建築は変化を遂げて来ました。その中でも中国や韓国の陰陽のバランスが取れた建築文化は優れており、その基盤となる考えと日本特有の建築のノウハウが融合され、現在に至る建築の基礎が築かれたのだと私は感じております。
さらに、現代人の住まいを科学すれば幾つかの傾向が見えて来ます。
それは、家族の団らんの場を例に挙げても分かるように、その形態は多様化しております。
また、最近の住宅は地震対策からの家屋の構造や建材設備の進化の中で、昨今には未だ見ぬ未来型の斬新さと今を生きる希望がミックスされつつあります。それは、家族が住み・暮らす・喜びを徹底的に満たす事を理想とする新時代に入って来ているからではないでしょうか。そのように考えれば、住む人の顔になるのはやはりリビィングだと言っても過言ではないでしょう。
もはや家は生活の単なる“寝る”“起きる”“暮らす”といったパッケージオブジェではなく、文化と伝統の中で悠久な時を感じる美意識を考慮した考えでなければ真の癒しは得られないでしょう。それは、一枚の戸をどのようなアングルで開くかという考えにおいても感覚や情緒的センスを要し、ドアを開閉した時に見える(感じる)微妙なアートに現代風水の極意があります。
私の考える風水美術は、限られた空間の造形にこだわった時にこそ住む人の美術がマルチになると考え、どのような造形でも適応する風水建築を手がけております。

MASATOKI識

今後、家を建築する方、または今お住まいの風水家相等どんな事でもご相談下さい。

【実際の鑑定映像(ワンシーン)】
URL:http://youtu.be/exQRnKtJ73Q(←ココをクリック)
質問はお子さんの視力についての鑑定依頼です。
初回であれば、六壬神課(易)と四柱推命を合わせて90分の鑑定になります。
この映像はその中のワンシーンを撮影したもので、私が扱う六壬(占い方法)を主体に撮影致しました。また、PCで説明をしていると誤解されますが、PCは私自身が23年前にプログラムしたもので、相談者にイメージしやするする為に用いているだけ、実際は先に紙ベースで説明しており、悩みがイツから始まり本当はどんな相談なのかまで相談時間で全てが分かります。ですので、その解答に至るまでを学問からその根拠になる部分を説明するので信憑性があり、当たるという訳です。
六壬は、この世のありとあらゆることを予見する天文遁甲です。的中率は驚異を誇り、悩みを占いの域を超えて判断。それ故に古代から神仙の術とも呼ばれています。
※画面説明に出て来るカードは陰陽師のものであり、タロットではありません。

≪詳しくはホームページをご覧ください≫

この記事の画像

香川県丸亀市土器町東九丁目203-7 周辺の地図