その他-売ります 11ヶ月前(2018-01-15 13:22:50)

まだまだこだわりの甲州本かりん(生)が有ります。

350~1500 受渡し方法:宅配
認証投稿者:かりんの松岸 (東京23区)
毎年直接山梨の塩山・長野の伊那の荷主さんから産直で届きます。
当店自信を持ってオススメするこの花梨を焼酎漬けや蜂蜜漬けにぜひいかがでしょう!?
他のかりんとぜひと比べてみて下さい!!
http://www.karin-matsugishi.com/category/12/

花梨とは、バラ科に属する植物で、晩秋には黄色の果実を実らせ、芳醇で心なごむ香りが特徴です。中国で2000年も前から食用はもちろん、衣類に香りをつけたり室内で芳香を楽しんだりするのに用いられてきました。ビタミンやミネラル、カリンポリフェノール、リンゴ酸・クエン酸などの有機酸を含んでいます。

<かりんの成分>
果実は晩秋に黄色に熟し、芳醇な香りがする。実は硬く渋みが強いので、生では食べられません。
ジャム、ゼリー、砂糖漬け、カリン酒などにして利用する。
カリンは、栄養成分としては、糖質、ビタミンC、リンゴ酸、クエン酸、タンニン、アミグダリンなどを含んでいます。

<かりんの効果・効能>
かりんは、整腸、利尿作用や、咳や喉の症状の予防に効果がある。かりんの果肉は、固く、渋みがあるので、砂糖漬けなどにした方が食べやすく、そのシロップだけでも十分な効果を期待できそうです。

<かりん酒>
かりん酒の作り方
冬期に採取した果実5~6個を、縦横6~8個くらいに刻んで、ホワイトリカー1.8リットルに漬け込み砂糖300~400グラムを入れる。完全に熟成するまでには半年以上かかりますが、漬けてから2ヶ月程度で美しい淡黄色になり、芳香が出てくるので飲むことができる。カリン酒の味は苦味(にがみ)がありますが、鎮咳(ちんがい)薬として効き目があるそうです。

この記事の画像